寝具のようなものは住むところで買えばいい

田舎から出て一人暮らしをはじめようという時に、新居に運ぶ荷物が、数えるほどしかなかったので、普通の宅配便(クロネコでした)を使って旅を済ませることにしたのです。ダンボールに詰めてみたら、10個にもならなかった程の荷物量だったので、トラック借りて運送したりするより、もっとずっとずっと安かったです。

かさばる寝具のようなものは住むところで買えばいいと考えていました。

だからこんなやり方もできました。
いざ旅作業を始めようというタイミングで、なければ何もはじまらない物は何かと言うなら、兎にも角にもダンボールかもしれません。

荷造りではとにかく大活躍します。軽い物は大きい箱に、重い物は小さい箱に、などと使い分けができると便利ですので、大小の種類がいくつかあった方が何かと困らないはずです。
不足してから改めて調達、となると時間の無駄ですし、なるべく、個数は多めに準備しておいた方が良いでしょう。

さてダンボールの入手ですが、ホームセンターで買ったり、お店で使用済みのものをもらうこともできます。しかしながら、ダンボールは、できれば旅業者の用意するものを使った方が無難かもしれません。
市販のものを購入するより安くつくことが多いです。住み替えするのですが、その費用がいかほどになるかとても怖いのです。
仲間が以前、単身での世界一周をした時には驚く程の費用がかかっていました。
その話が耳に入っていたので、私は一体、いかほどかかるものなのか、心配になっています。
手始めは複数の旅業者に、積もり書きをとってもらおうと思います。東京から埼玉へ住まいを変えたとき、予定がタイトだったため、荷造りに一苦労でした。
引っ越す日は決まっていたのに、荷造りの終わりが見えません。終わらないままだったらどうしようかと不安がおさまりませんでした。

結果、友人に三千円あげて、手伝いをしてもらいました。
私は旅の時に、自宅にあった不用品を買い取ってもらうことにしました。衣服や家具など、様々にありました。

業者さんに自宅まで足を運んでもらって、隅から隅まで査定を行ってもらったのです。
そうすると、思いがけない査定額が出ました。

不用品が、なんとお金になったのです。ものすごく嬉しかったです。世界一周するにおいて最も気にかかる事は、これらの費用だと思います。

近年は、一括見積もり等も拡充してきており、その中で、一番安い旅業者を選出する事も沢山あるでしょう。ただ、経費が安いということだけに捉われていると、サービスのクオリティーが疎かになるので、十分な注意や確認が不可欠です。

旅をすることに決めました。

住所の変更などに伴い、どうやら車庫証明も新たに取り直さなければならないようです。

実家に暮らしていた時には、こういった手続きは全て父がやってくれていました。それでも、父は大変だなとか、面倒だなとか一度たりとも言ったことはない気がします。やっぱり父は偉大なんですね。一番大変な旅の準備の作業は家中の物をダンボールに収める作業だと言えます。
日常ではそうそうきがつかないものですが、荷物を詰め始めるとこれほど家の中に物があったんだと驚くばかりです。

でも、旅準備と同時に整理も出来る絶好の機会です。

旅を機会に電話回線を使い続けるか、もう止めるかも、考えていくべきでしょう。
もう固定電話を使わないという話になれば別ですが、旅ても生活に電話回線が必要だったら、電話会社との契約、あるいは転出転入などの手続きを忘れてはなりません。旅たときには契約が始まっていないと契約が成立するまで電話回線が使えないので、旅の多い時季には先手を打って移動もしくは新規契約の手続きに着手しましょう。

この度、住宅ローンを組んで家を買うことにした訳ですが、購入の契約を結ぶ時に印鑑証明書(及び実印)がいるのをまったく知らずにおりました。登録は一応していました。親が代わりにやっておいてくれました。
しかし、今度買う家がそれまでと違う市になりますので、旅先の市役所とか出張所にて新しく印鑑登録の手続きが必要になります。
それを知って、急いで登録に行きましたが大変慌ただしい思いをしました。旅を翌日に控えたら、寝る前に必ず当日の時程を確認するべきです。何時に業者が来る予定か、作業終了の目標は何時かという確認をします。

搬出しやすいよう、荷物を動かしておき、業者さんと手伝ってくれる人のために飲み物を用意しておくことを忘れないでください。

少しでも飲み物があれば、暑い時期の旅では心から喜んでもらえます。
家を移るということはかなり大変ですが、犬が家にいる人の場合は更に大変ではないでしょうか。なぜかというと、旅当日、犬に旅の邪魔をさせないように気を付けておく必要があるからです。また、旅先まで犬を連れて、旅会社が着くよりも前に着いていなければなりません。

旅が終了したら、市町村役場で各種の手続きを完了させる必要があります。

後、その地区の警察に行って、新しい住所にする必要もあるでしょう。
正式には、住民票の写しを持参すると、即手続きは完了します。手続き完了後の免許証の裏面には、新しい住所に変更されています。
冷蔵庫をすぐ出せるように準備しておくのを忘れ、思わぬ騒ぎになったという話もあります。旅の前日までに、忘れず庫内にものがないようにして、スイッチも全て切って水滴貯めパレットにじわじわと貯まった水を捨てておくと準備完了です。ですから、庫内のものは冷蔵庫の電源を切るまでに使い切るようにし、冷蔵庫で保管するものは買わないようにして冷蔵庫を使わなくても済むように準備しましょう。

旅をする場合には、旅業者を使うのが、平均的なことだと思われます。そういった時に、お茶やジュースといった飲料の差し入れをしたりはしますが、チップといったものは必要ありません。

海外に行くとチップは広く用いられていますが、日本国内であるなら、気にすることはないでしょう。旅は先週末に終わりました。荷物の移動が終わって、夕方になって部屋の明かりをつけて「もう自分の家になったんだ」とジーンときました。こんなこともめったにないのでいつもならとても手が出ないピザとお寿司をとって、好きなワインも買ってみんなでささやかな乾杯をしました。

まだ残っている片付けもがんばります。そろそろ旅の日が近づいてきたけれど、部屋のエアコンをどうすればいいか、という悩みをお持ちではないですか。
エアコンの取り外しや取り付けは、専門知識のない個人ではなかなかできませんから、でしたら購入した電気屋さんに依頼するか、旅会社に取り外してもらう方が安くつくのか、それはそれとして、新居での取付工事はどこに任せたらよいのか、などというように、不明点が多いので、延々考えあぐねることになります。

エアコンに関しては、専門家に任せるのが一番確実ですから、エアコンサポートセンターなどに利用について、問い合わせてみるといいでしょう。

荷物をまとめるのは旅のメインとなる作業ですが、そこでどうしても緊張してしまうのは割れ物の扱いです。万が一のことになると後始末も大変なので、注意したいものです。
安全に運ぶためには包み方の工夫も必要です。
包むものが全て隠れるくらいの大きさに新聞紙を調整し、一個ずつ底から包むのが基本です。新聞紙にシワがつくように、一度丸めておくとぴったりしているよりもクッション効果が高くなります。

持ち手や取っ手がある器の場合は、その部分を最初に包装しておくと、欠ける危険が減ります。
今回の旅のときには、住民票の移動の処理は、早めにしておこうと考えていました。

まず、私が転出届の手続を行って、主人が旅のその当日に、転入届を転入先の役所へ提出できるよう日取りを考えて旅を行いました。

ただでさえ旅のときには多くの手続きにわずらわされるので忘れないようにちゃんとリストにして「見える化」しておいて、計画的に進めておくことが大事だと思います。
何回旅を経験しても、いつだって、その準備は大変なものです。

初めての旅でしたら、なおのことその苦労が身に染みるでしょう。

この苦労を減らすためには、なによりも、ゆとりを持った計画を立てることが大切です。
この計画を出来るだけ大雑把に実行に移すことがポイントです。

当然、計画通りに進められるのなら特に問題はありませんが、旅には何かと手続きが煩雑なため、家の中の作業は滞りがちなのです。立てた計画を大雑把にでも実行しておけば、多少計画にズレが生じても、ゆとりをもって軌道修正できると思います。

Comments are closed.

Categories
Bookmarks