三回目の旅の経験をしました

我々家族は最近、三回目の旅の経験をしました。
旅の作業は毎度大変ですが、慣れたものです。荷造りから荷ほどきまで、ほとんど私の仕事です。
主人は毎回家電、家具などの大きなものを掃除や片付けをしてくれます。
ただ、この度は洗濯機の水抜きを忘れていたので、新居の洗面所で水が漏れてしまいました。

荷物をまとめるのは旅のメインとなる作業ですが、そこで緊張するのは割れ物の対応です。

どこまでも油断は禁物です。
まずは上手な包み方を心がけてください。

包むものより一回り以上大きい新聞紙で、底面から一個ずつ包むようにしましょう。新聞紙を一枚ずつ丸めて、シワをつけておくとぴったりしているよりもクッション効果が高くなります。

また、持ち手や取っ手など、飛び出たところがあれば、飛び出たところを先に包むのがコツです。できる事であれば、旅当日は晴天が望まれます。
もしも、雨が降ってきたら、大変です。
そのままだと、あれもこれも濡れてしまします。机も椅子も、冷蔵庫もです。

晴れだったら、スムーズに運べるのに、雨天の場合には、シートをかけないといけません。

それは、手間のかかることになるでしょうし、家具や家電が濡れるのもイヤです。家を買ったので、移転しました。

埼玉県へ東京都からの旅です。
ディーラーの方にはメンテナンス等でお世話になっているのですがナンバープレートを変えるにはどうするのかと尋ねられました。運輸局にて手続きをする必要があるということなのですが、やらない人も実際には多いそうです。

私も従来の東京のナンバープレートを使用しています。

これから旅作業を始めようとしているあなた、軍手を忘れていませんか?荷造りだけとっても、使い慣れないカッター類をひんぱんに使うことで、ケガの可能性が高くなります。

また、荷物の移動を考えると、常に指詰めの危険性を考えないといけません。軍手の選び方を間違えると却って危険で、自分の手のサイズに合った、滑り止め付きの軍手を準備することが大事です。作業効率も上がりますし、安全性も高まるでしょう。住民票を動かすと、絶対しなければならない手続きの代表が運転免許証の住所変更を申請することでしょう。
運転免許証は幅広く使える写真付き身分証明書なので、住所変更の届は早く出した方が良いのです。

旅た先の警察署を訪ね、運転免許証、新しい住民票(本人分、写しで良い。

住所変更後の健康保険証とか公共料金領収書なども良い)を出した上で、届を書いて出すだけですぐ変更できます。

引越の時の立会いは、必要ないと思ってもしっかりやっておくことをおすすめします。家賃を払って借りていた物件の場合には、不動産屋の担当者や物件のオーナーさんが立ち会うことになります。
敷金をいくら返すかを決める重要な要素ですから、なるべくキレイに清掃しておいてください。
また、修繕をしなければならない箇所を、お互いにチェックし合うことで、トラブルを防ぐことにもつながります。
もしも旅て、住まいの住所が変わったら、すみやかに、国民健康保険の資格喪失手続きと加入手続きを行ないます。

ちなみに、資格喪失の方は、古い方の住所で手続きし、加入の方は、新住所の方で行なうことができます。
必要なものは、国民健康保険証、印鑑、それに、運転免許証やパスポートといった本人確認書類になるものを持って行って手続きを終わらせてしまいましょう。同市、同町内での旅である場合でも、世界一周届の提出は必須ですから、留意しておいてください。

いざ旅をするとなると、荷物のたくさん入ったダンボールをジャマにならないようあちこち移動させたり、業者さんと共に家具を運搬したりと大忙しです。
しばらくの間そういったことを行っていると、手のひらは真っ赤になります。業者さんの手はどうなのかと見てみると、しっかりと軍手をはめています。
旅業者に旅の依頼をするにしても、自分用の軍手が必ず必要です。旅をしたときは、使い古したテレビを思いきって処分し、新製品の大画面テレビを設置しました。

新しい家はとても居間が大きいので、大迫力で綺麗な画面で、楽しくテレビを見たいと思ったからです。

テレビを買い替えただけで、かなり居間の雰囲気が変わり、華やかな空間になって大満足です。移転するのですが、その料金がいくらくらいになるかとても心配なのです。

友達が以前、一人の旅をした時には驚く程の費用がかかっていました。
その一言を聞いていたので、私は一体いくらくらい必要になるのか心配になっています。

まずは複数の旅会社に、見積もりを貰い受けようと思います。
最近、旅しました。
準備をしているときにクローゼットのあらゆるものを引っ張り出してみたところ、新居に持っていく気にならないものばかりで仕分けが大変でした。
特に服はずっと着ていなかったものが大半でした。旅が良い機会になって不要なものを片付けることができて、クローゼットも、自分の心の引き出しもかなり身軽になれました。

今回、旅をすることになったとき住民票の移動は早めにしておくつもりでした。

まずは私自身が転出届けの手続をしに行き、主人が旅のその当日に、転入届を転入先の役所へ提出できるよう日取りを考えて旅ました。ただでさえ旅のときにはいろんな手続きに忙殺されがちなので忘れてしまわないように表に書き出して、計画的に行っていくことが必要ではと思います。

旅によって住環境が変わると、次の生活に対応するために予想外の出費を避けられないので、旅で業者を利用するにしても予算の削減を図っていきたいですよね。

まずは、業者の料金システムをよく調べて、割り引きがきくかどうか見てみましょう。ほとんどの割引サービスは普通旅が少ないとされる時期に旅することで閑散期料金になるシステムが大半なので、その時期の旅ができるように、スケジュール調整をしていくと良いですね。いよいよ旅という時に、エアコンの扱いについて何も決められずにいる、などというような困った状態に陥ってはいませんか?エアコンという家電は意外と扱いが難しいものです。
取り外しや取り付けも、知識がないと失敗するおそれがありますし、なら購入先の電気屋に任せるべきでしょうか。

あるいは、とりあえず旅当日に業者に外してもらうようにするか、それはそれとして、新居での取付工事はどこに任せたらよいのか、などというように、わからないことが多くて困ってしまいます。扱いの難しさもあり、エアコンのは通常専門業者に任せるのが安心ですから、最寄りのエアコンサポートセンターまで利用について、問い合わせてみるといいでしょう。旅先でもそのまま続けて変更せずに母子手帳を使うことができます。

転出時に、手続はいりませんが、妊婦に検診を受けるときの補助券などは各自治体によって違うので、転入先の役所で質問しましょう。出産の後では、旅がいつかによって乳幼児健診のタイミングがくいちがう場合があるので、受けそこねがないように気をつけてください。旅をするときのコツとは、新居での間取りをしっかりと念頭において、荷造りしていくというものです。ダンボール等に入れるときに、荷物をどの部屋に収納するのかをあらかじめ決めて、段ボールのどこかに書き記しておくと新居へ着いてから無駄な労力を減らせます。

その他、手続きを行う必要があるものは計画を立てて行うのが良いです。

旅して一人暮らしを始める時には、単身用パックを利用する方が得することが多いです。

万が一、大型の家具や家電を新しく買い揃えるならば、旅業者にお願いをしなくても、旅ができるかもしれません。

さらに、女性の一人暮らしだと、近所への挨拶回りは控えた方が安全なケースもあります。
どれ程の金額が、旅の際にかかることになるのか、という点は金額の目途がつかないと、かなり気になってしまうものです。
とはいえ、インターネットを利用することですぐにわかるでしょう。
一度に何社もの旅業者よりざっくりとした見積もりをもらえるようなサービスもありますから、旅業者はどこがいいのかなかなか決められないでいるなら一度、業者の比較サイトを見て、利用してみると費用面の不安が軽減されるでしょう。
これまで何度も旅をしてきていますが、その上で、一つだけ多くの人に聞いて欲しいことがあります。「壊れやすいものは、絶対に他人に任せるな」です。

とある旅の時、運んでもらった荷物の中で、陶器が何個か、欠けてしまっていました。割れたものが、自作のお皿だったりしたため、「まさか」と思い、衝撃を受けました。

ただ、値段のつくようなものではないので文句をつけるために電話したりなどはしませんでした。
これから先の旅では、繊細な工芸品などは必ず、自分で運ぶようにしているのです。

Comments are closed.

Categories
Bookmarks